ニードル脱毛

ニードル脱毛の脱毛方法は針を刺して電気を流す!

痛い

ニードル脱毛は脱毛の歴史の中でも昔から用いられている方法で、一昔前では主流な脱毛方法でした。
現在でも完全永久脱毛やうぶ毛の脱毛などを行いたい人に人気の脱毛方法で、行っているサロンも多くあります。

 

ニードル脱毛の方法は、毛穴一つ一つに針を刺していき、針を通して微弱な電流や刺激を流すことで毛根に直接ダメージを与えて脱毛を行っていくという方法です。
しかも、針を刺した状態で電気を流し、毛根にダメージを与えるのに10秒から20秒ほど刺した状態でキープしなくてはいけません。
特殊な針を使っているので肌にかかる負担も少ないようにはできていますが、それでも針を毛穴に刺しているので痛みは光脱毛などに比べ数倍あり、痛みに耐えきれずに途中でサロン通いを断念してしまう人も多くいます。
しかし、光脱毛では脱毛できないようなうぶ毛などの脱毛を行うこともでき、毛周期に関係なく毛根にダメージを与えられるのでトータル短い期間で脱毛を行うことができるというメリットもあります。

強烈な痛みだけでなく費用面でもデメリットが大きい

ニードル脱毛を行うメリットとしては、永久脱毛が出来ることやうぶ毛の脱毛が出来ることなどがありますが、それよりもデメリットの方が多く、そのデメリットが光脱毛が二―ドル脱毛に変わり主流になった要因でもあります。

 

ニードル脱毛のデメリットはなんといっても、痛いことが一番にあげられます。
その痛みに耐えられず契約を放棄してしまう人もいるくらいで、なかなか続けて通うにも根気が要ります。
さらに、ニードル脱毛は一つ一つの毛穴に直接針を刺して脱毛を行っていくので、1回あたりの施術時間が非常に長くなり、手間と時間がかかるのでそれだけ高額になってしまいます。

 

エステティシャンの施術の技量も十分に必要とされるニードル脱毛では、下手なエステティシャンが行ってしまうと、内出血を起こしてしまったり、肌が炎症を起こしたり、赤みが引かずかさぶたが出来てしまったりとトラブルも多い現状があります。
強烈な痛みに耐えられて、高額な費用も払えるという人には良い脱毛法かもしれませんが、普通の人が続けて通うにはなかなかハードルが高い脱毛方法だと言えるでしょう。
やはりお肌の事を一番に考えるのなら、通う回数が増えたとしても肌に優しい脱毛サロンでじっくりと安全なムダ毛処理をする方がいいでしょうね♪